食養生コラム|季節の食材と食養生/高雄病院・京都駅前診療所【漢方・アトピー・糖質制限食糖尿病治療】

main-title.png

京都高雄病院では、漢方・アレルギー治療・糖質制限食での糖尿病治療を行ってます。

高雄病院・京都駅前診療所トップページ > 食養生 > 食養生コラム|季節の食材と食養生

毎日の食事から考える「漢方の食養生」

季節の食材と食養生


a1.jpg

季節と食材

季節にはそれぞれの特徴があります。春は風が強く、夏は蒸し暑く、秋は乾燥し、冬は冷え込む。季節の天候は人体に影響して、春は目まいや情緒不安定を、夏は湿疹や食欲不振を、秋は咽や肺の乾燥を、冬は冷え症や神経痛を、それぞれ悪化させやすいのです。日本料理、特に京料理は季節感を大事にしますが、和の季節の食材は人体を調和させてくれる健康食材でもあるのです。続きのコラムをご覧下さい。

a2.jpg

春の食材の特徴

春は芽吹きの季節。人体の気が活発に動き始める時期です。ところが人によっては気の動きが滞って気分が塞いだり、目まいがしたり、イライラしたりします。また、気が昇って頭がボーッとしたり、花粉症が起こったりします。菜の花、タラの芽、セリなど春の七草に代表される春野菜の味は苦みです。春野菜の苦味は疏泄(そせつ)といって気を流す働きがあるのです。春の七草を食べるということは春の気の失調を予防するための薬膳的風習でもあるのです。

a3.jpg

夏の食材の特徴

日本の夏は湿気が多く暑いのが特徴です。ですから、夏は湿疹や水虫が悪化して、胃腸に湿気が貯まって食欲不振や下痢を起こし易くなるのです。夏野菜のキュウリやゴーヤはこの湿気と暑気を除いてくれます。体から余分な湿気が除かれると、体が軽くスッキリします。スイカは大変面白い食材で、夏に大量に汗をかいて水分不足になった体を潤してくれる一方で、悪い湿気は尿から除いてくれるのです。鰻と山椒、生姜は温める作用がありますが、むしろ夏に冷えた物の飲み食いで弱った胃腸に元気をつけてくれる夏の強壮剤でもあります。

a4.jpg

秋の食材の特徴

秋は乾燥の季節です。人間の五臓六腑で乾燥に一番弱いのは肺です。肺を潤して強化する食材の代表は梨(なし)や銀杏(ぎんなん)です。梨は肺の乾燥を治療する代表的な食材で漢方薬として使用されることもあります。銀杏は食べ過ぎるといけませんが、少しずつだと痰を除いて咳を鎮める効能があり、漢方でも良く用いられます。また、収穫の季節で美味しい食べ物がたくさん出回ります。冬厳しい冬の季節に向けて栄養を蓄えるためなのです。

a5.jpg

冬の食材の特徴

冬の食材は体を冷やさないものがほとんどです。葱(ネギ)や韮(ニラ)は体を温めて血行を良くしてくれます。特に他の食材といっしょに鍋物などにして食べると、一層効果的です。冷え症のある人は少しお酒を加えると良いでしょう。冬は特にサラダは控えましょう。体の芯を冷やしてしまいます。ホウレンソウ自体は少し冷やす性質がありますが、湯がいておひたしにすれば冷やす性質が抜けるのです。リンゴとミカンは体を冷やさない冬の果物として最適です。

ENTER

illust_bana_kanpo.jpg

簡単にわかる漢方のマメ知識をお医者さんがわかりやすくご紹介します。

かんたん漢方コラムLinkIcon

illust_bana_yojo.jpg

漢方の観点から考えた食養生について、日常生活で使える豆知識を紹介。

食事から考える漢方の食養生LinkIcon